身体の感覚に、心の声に、耳をかたむけて。

なっちゃんとパートナー

更新がストップしちゃってましたが、アメブロにちょこっとのせてました。

『身体の感覚を、自分を信じてみる。』
身体の調子が優れず、しんどい。眠すぎて、起きる気力もない。疲労感が抜けない。何もやる気が起きない………頑張ろう、動こうとしても動けない。こんな状態になっている…
『昨日と今日の自分でさえ、別人なのだから。』
昨日は超久しぶりにトラック練習、かつ夜練なんて5年とかぶりだろうか。5年も経っちゃえば、ただの人。身体だって心だって、現役の時とは別人。昔と比べるなんて無意味…

先週、10/6。

天秤座の新月🌑がありましが、そっからの流れがすごかった。

⬆️のアメブロにあげてた通り、お世話になっているサロン、『herbagarden(エルバガーデン)』に行きました。

Object moved

身体がしんどい、動きたくても動けない、エネルギーが出ない。

頭痛があって、気だるくて。

起き上がるのも辛くて、起きても昼間眠くて寝てしまい、夜は眠れない‥‥という悪循環。

そんな、原因が良く分からない身体の不調時に、頼るのが野崎孝子さん。

今回ものっけから、「気づいていたけど、気づかないふりしてた」ことをビシバシ当ててくれました。

孝子さん、「分かっちゃう人」なので。

派遣に登録して仕事やろうとしてるけど、本当はやりたくないこと。

本当は、自分が行うことで、お金を得たいと思っていること。

心は嫌だといってるのに、身体を無理矢理動かそうとしてる状態だったので、そりゃしんどいです。

勝手に自分で戦って、エネルギー削ってるんですから。

潔く派遣は諦めました。

だってもう、自分に嘘が付けない体質になっちゃってるから。

お金のことは、他の手段でどうにかできるって、切り替え。

そしてその後です。

「引っ越したら?」と。

というか、した方が良いと。

それ聞いて、ぶわぁっと、身体も心も反応。

「あ、やばい。抑えてたんだ……」

今、私は彼が住んでいる家に入って一緒に住んでる状態。

同棲するにあたり、他の場所を探すとかって、彼に負担やストレスをかけたくないって思って。

私自身も、必要ない、大丈夫。無理だったら考えようってしてた。

それで、ワンルームの部屋に二人で住んでたわけですが……

これが、やっぱりしんどかったんだ。

ずっと二人で居ることは、ノーストレスでむしろ楽しくて、なんの問題もない。

でも、動けなくなっちゃってたんです。

「二人で作る」環境というより、彼の作った生活環境に私が入るってことだったから。

付き合ってるだけならまだ良いです。

でも、これから一緒に人生を作っていくとなると、やはり物理的環境を変え、二人共に新しくスタートすることは、超、超、超!大事だったんですね……

本当は、しんどかったんだ…

環境、変えたかったんだ……

それもあって身体が悲鳴あげてたのに。感覚が完全に停止してた。

気づいちゃったら、もう戻れない。

このままで良いって言って「変化」することをストップさせてたのを、動かす時か来た。

でも!!怖かった。

これまでずっと、良いと言ってきたのに、いきなり、引っ越したいだなんて。

しかも、「実は抑え込んでました」とか……そんなん、告白しづら過ぎて。

何て反応されるだろうか。

理解してもらえるだろうか。

こんなワガママ、許されんのか。

怒るってか、ショック受けるんじゃなかろうか。

そういう恐怖と不安の中で、伝えました。善は急げ。

(伝える前までにも、なんやかんや、色々あったんですよ。乗ってた電車がまさかの停電で動かなくなり、車で迎えに来てもらったりとか。ドラマか!ってくらい。他にも、本当に)

返事はもちろん、OKでした。

「入籍することを踏まえたら、そりゃそうだよね。自分も冷静に考えられてなかった」と。

でも、私は申し訳なくって。

伝えてから号泣。

(号泣中に地震が来ました。もう、なんなん!)

たがしかし。

そこからわずか翌日に物件を探し、ピンと来たのが見つかり、その翌日に速攻で内見。

スピード感たるや(笑)

今まで動かなかった現実が、ようやく動き始めました。

行動したことがGoなら、こんなに応援してもらえる。

色んなことがあるけれど。

病めるときも健やかなるときも。

二人で協力し、周りの人に助けてもらいながら、少しずつ進むのです。

タイトルとURLをコピーしました